睡眠とニキビ

ニキビの原因の一つとしてホルモンバランスの崩れがあります。とくに思春期になるとホルモンがたくさん作られることが原因でそのバランスが崩れニキビができてしまうことがあります。

また肌のターンオーバーが乱れることもニキビの原因の一つになります。ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで新しい皮膚が作られることで古い皮膚がはがれおちることです。

このとき毛穴にたまった皮脂なども一緒に排出してくれます。逆にいうとこのターンオーバーが正常に機能しないと古い皮脂が毛穴にいつまでも残ってしまい、アクネ菌の格好の餌になってしまいます。

そこで重要なのがしっかり睡眠をとることです。ホルモンバランスを整えるには夜しっかり寝ることが重要です。夜しっかり寝ることで昼に交感神経が働いて、夜、副交感神経に切り替わるというリズムができるのです。

また睡眠中には副交感神経が活発になりますが、この副交感神経が働いているときに肌のターンオーバーが活発に行われるのです。

だからニキビが出来にくい肌の基礎をつくるにはしっかり寝ることが重要です。それではしっかり寝るために大事なことはなんでしょうか?

まず第一に栄養をしっかりとることです。睡眠に重要なホルモンであるセロトニンをつくるためにはトリプトファンをはじめとするアミノ酸やビタミンB群をしっかりとることが重要です。

そして朝しっかり起きて日光を浴びることも忘れてはいけません。朝日光をあびることで人間の身体がリセットされて活動を始めます。同時に体内でセロトニンが作られ、これが夜にメラトニンという睡眠成分に代わり人間を睡眠に導いてくれるのです。

ニキビのない健康な肌をつくるためにまずよく寝てよく食べるという基礎的な生活習慣を取り戻してください。

参考:http://xn--1ck0aj8k6a.jp/

思春期にきびとコスメ

思春期にきびで悩んでいるならば、あまり肌にモノを付着させないようにしなければなりません。

たとえば女性の場合だと、化粧品を塗らずに、地肌を空気に触れさせておくと良いでしょう。

ただ、現実的には難しいことで、特に思春期にきびに悩んでいる人ならば、化粧で隠したくなる気持ちもわかります。

そこで気をつけて欲しいのは、化粧をなるべく薄くして、時間も短くするという点ですね。

用事が終わって家に戻ってきたら、手を洗うのと同じように、洗顔をするようにしましょう。

いつまでも化粧をしたままでいるよりも、思春期にきびを治したいなら、家にいるときにはすっぴんでいるようにすべきです。

また、使用する化粧品についても、できるだけ肌に優しく、ダメージを与えないものを使うようにしましょう。

一般的に言われているのは、無添加化粧品を使えば、肌へのダメージを最小限に抑えられるということですね。

これも絶対にそうだと言い切れない部分もありますので、御自身でいくつか試しながら、一番良い商品を選ぶようにしましょう。

最近では思春期にきびに特化したコスメも販売されているので、そういったものを選択すると良いかもしれませんね。

肌の保湿で思春期にきび対策

思春期にきびをなんとかしたいなら、お肌の保湿について気をかけるようにしてください。

油分を多く含んだジェルや、乳液系の商品を使うよりは、あまり刺激の少なそうな商品を使うのが良いでしょう。

自然な形に近い状態で、保湿をすることが思春期にきび予防のカギになります。

また、思春期にきびがどうしても治したいなら、一度病院で診てもらうのも良いかもしれません。

塗り薬をもらえると思いますので、それを継続して使いながら、思春期にきびが治るかどうか様子を見てみましょう。

状況によっては内服薬を服用するように支持されることもありますが、思春期にきびの治療ではよくあることなので、「なんで?」と気にする必要はありません。
ただし、一部の内服薬には副作用を伴うものもあるので、医師の指示をきちんと聞いて服用するようにしてください。

薬品の力に頼るだけでなく、普段の生活での細かい気配りも忘れてはいけません。
直射日光に長く当たり過ぎないようにしたり、お肌を守るための措置を施し、思春期にきびになる要因を1つずつ潰していきましょう。

ちょっとしたことに気をつけるだけで、思春期にきびの進行が止まったという報告も少なくないため、一度よく考え直すと良いでしょう。

思春期にきび対策の基本は洗顔

思春期にきびは、毛穴に菌が入り込むことから始まるので、最も大切なのは洗顔と言えるでしょう。常に肌を綺麗にしておけば、思春期にきびが出来るような状況になることはありません。

特に思春期にきびは夏場に出来やすいと言われていますが、かと言って寒い時期に出来ないわけでもありません。
大事なのは肌に適度な水分を与えて、菌が繁殖しづらくなるような環境を整えることになります。

特に、思春期にきびに悩まされている人に多い共通点として、洗顔料に問題があるというものがあります。弱酸性の商品を利用していると、どうしても肌に洗顔料の感触がこびれつくため、何度も何度も洗ってしまうものです。

一方で、微アルカリ性の商品であれば、肌へのダメージも少ないので、思春期にきびに悩んでいる方には適していると言えるでしょう。

他には洗顔の際に、冷たい水ではなく、適度に生温かいぬるま湯を使うのが良いですね。ぬるま湯を使うことで肌への刺激も小さくなり、毛穴の汚れもよく落ちるので、思春期にきびになりづらくなるわけです。

また、洗い方についてもあまり力をこめるのではなく、肌を労わるように優しく洗うようにしてください。

思春期にきびに気を使う余り、何度も何度も洗顔をしてしまう方もいますが、これは逆効果になる可能性があることを覚えておきましょう。回数よりも洗顔の質を高めるようにして、思春期にきびを予防するようにしましょう。

思春期にきびは体からのSOS?

思春期にきびの特徴の1つに、あらゆる部位に発生し、悩ませるというものがあります。人によって出来やすい部位は異なりますが、よく報告される箇所としては、胸や背中のような場所になりますね。これには皮脂が大きく作用していて、皮脂の出やすい部位ほど思春期にきびの発生率は高くなっています。

また、顔の中でも、口を囲むように思春期にきびが出来る方はよく気をつけるようにしてください。口の周りの思春期にきびは、胃腸が疲れているサインですので、生活をよく見直さなければなりません。

他には、おでこのあたりにある思春期にきびというのは、洗髪の仕方に問題があると言われています。使っているヘアトニック等が肌に合わないと、間接的に思春期にきびを引き起こす要因となるため、使用方法を考えるようにしてください。

思春期にきびはこのように、体のあらゆる変化を示すものですので、見逃さないようにしましょう。

背中であれば汗がたまりやすい服を着ていないかどうか、首周辺ならばシャツを見直したりして、改善しないかどうか様子を見るようにしてください。

意外と、ちょっとしたことで思春期にきびが止まることもありますので、何か改善できることはないか御自身で考えるのが一番でしょう。

思春期にきびは厄介なもの

思春期にきびは若い世代に出来るもので、特定の箇所というより、顔全体の至るところに発生するものです。また、顔に塗る化粧品のように、生理的な現象とは違った理由で発生する場合もあります。

傾向としては肌に脂質を多く含む人がなりやすく、冬にはあまり目立たずに、春から夏の暖かいシーズンに発生しやすくなっているようです。

原因の最たるものは、皮膚の毛穴を通して入り込む雑菌でしょう。思春期にきびを予防するには、この原因となる雑菌に負けない肌を作ることが第一です。

そのためにはビタミンBのような栄養素を意識的に摂取し、生活習慣も正すようにしなければなりません。

思春期にきびのつらいところは、若く多感な時期に出来る点にあり、それが精神的な苦痛となる人もいるでしょう。

まずは原因をしっかりと理解して、少しずつ思春期にきびに対して抵抗できる肌を手に入れるようにしてください。

他にも、睡眠が不足していたり、体が疲れている時期にも起こりやすいものですから、普段から気をつけることが重要になります。

場合によっては、サプリメントのような補助食品の力も借りてみるのも良いでしょうね。